2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.08 (Sat)

w-inds.最高!

w-inds.のライブに行ってきました~!

いやあ、意外と席が近くてビックリでした(☆∀☆)

双眼鏡もほとんど必要なくて肉眼で見えたから
最高のライブでした!!

めっちゃくちゃ盛り上がってすっごい楽しかった!!

なんかメンバーのファンに対しての言葉とか聞いてたら、
この人たちは本当に謙虚なんだなあ・・・とウルウルしてしまったよ;

3人とも本当にテンション高くて、
慶太はステージから降りちゃうし
涼平は目の前でオリジナルでブレイキンしちゃうし・・・で

ホントに愛しく思いました(´ω`)

今回でライブは3回目だけど、
やっぱり何回行っても足りないくらい☆

かっこよかった・・・それしか言えません・・・

涼平の最後の「もうちょっと頑張らせて」の言葉には
何だか現実を感じたから心から応援したくなりました。


MCもそれはもうすごいウケて(笑)

関西人だからって構えることないのよ~w-inds.~(´・ω・`)


レポは追記にて。






ライブが終わった後、少し楽しみにしてる事があったので
そちらの方を拝見・・・!



070908_2041~0001.jpg



そうでーす!生☆機材搬入~♪

ライブが終わった時間も7時過ぎで早かったし
会場をさっさと去るのが苦手な私にとっては最高の暇つぶし(笑)


会場で使ってたモノがどんどん運ばれてるんです。

去年は確か3人が入ったカプセルが運ばれてるのを見て興奮したので
今年も搬入見学、参戦です(笑)

でも今年はこれといって、「あれだ!!」という物は特になかったんですが

少し驚いたのを1つだけ紹介したいと思います☆

搬入の係りの人が叫んだので確かなモノなんですが・・・


070908_2218~0001-0001.jpg



「ダンサーお願いしまーす!!」といって渡された、
衣装が入ったBOXですね。

070908_2217~0001-0001.jpg


思わず写メっちゃいました(^ω^)


すごい~!ダンサーの衣装ってやっぱり運ぶんですね~。

肝心の3人の衣装は・・・というと

単車で運ばれていきました(笑)

あと・・・これは確実じゃないんですが

「あの」赤いソファーらしきものが見えました・・・

が!

なんと折りたたみ?!笑

・・・なのかなあ??



係員の人の中には「THANKS」のTシャツを着ていた人もいたので
「もしや専属か?!」と心をウキウキさせながら見ていました。


時が経つこと・・・2時間半・・・。

搬入作業、終了!!


よく考えたら、ライブの時間より搬入作業の方が時間かかるんですよね。

その事実にはまたビックリ!!!


スッキリした頃には、搬入作業に加わった人が円になり

「お手を拝借!」

パンッ!

「お疲れ様でした~」


と作業を終えていきましたとさ!


う~ん・・・貴重なものを見せてもらった・・・。






家に帰ったら

この帽子を被って余韻に浸りながら踊ってました♪笑


070909_1312~0001.jpg



慶太~(*´σ`)

【More・・・】

9月8日 大阪城ホール w-inds. Live Tour 2007 ~Journey~ レポ


最初のMC☆

龍一
「大阪の皆さん盛り上がってるかー!」

ファン
「イェー」

龍一
「すっごいみんな元気だね!!テンション高いなあ!」

ファン
「イェー」

龍一
「盛り上がってるかー?」

ファン
「イェー」

この掛け合いを3回ほど繰り返す☆

龍一
「みんなw-inds.好きだねぇ~?」

ファン
「好きー!」

龍一
「うふふっ。俺も好きv」

ファン
「キャー!!」

龍一
「なんてお決まりの言葉言っちゃった(笑)」

涼平
「みんな盛り上がってるかーい!」

ファン
「イェーイ!」

涼平
「おーすげーな・・・大阪・・・」

龍一
「来ちゃったね~」

涼平
「今日はみんなその調子で最後まで盛り上がって下さい!
涼平です!」

龍一
「いやー・・・大阪来ちゃいましたけどね、どうですか涼平さん」

慶太
「ちょっと!僕にも自己紹介させてくださいよ!」

龍一
「じゃあどうぞどうぞ!面白くしてねっ!」

慶太
「自己紹介に笑いを求めないで下さいよ(笑)

龍一
「面白くして下さい(笑)」

慶太
「えー、どうも。w-inds.の・・・いつも真ん中にいて背が高くて、ちょっと目立たせてもらってるボーカルやって・・・」

龍一
「おい!何自分で言ってるんだよ!俺らだってな、目立ってるんだよ!
小さいなりに。なあ~?(涼平と肩を組む)」

涼平
「てか、ある意味俺らの方が、小さくて目立ってるし!」

龍一
「ホントでも大阪盛り上がってるね~!」

涼平
「大阪だと、普通にしてるだけで元気ないやんって言われる」

龍一
「どうしたん?ってね」

涼平
「それぐらいこの国とは…」

龍一
「え?クニ!?」

涼平
「それぐらいかけ離れてるんです」

慶太
「札幌はどうだったんですか龍一くん(笑)」

龍一
「札幌はポカーンって感じでしたね(笑)」

慶太
「まあ札幌の人は大人しい人が多いんですよ!」

涼平
「そう!みんなマジ、ビックリするから!!
『え?!なんでここの人たちこんなテンション低いん?』って(笑)」

龍一
「そうですそうです。」

慶太
「なのにこんなの(龍一を指差す)も札幌出身なんだよなあ」

龍一
「(変顔)」

涼平
「彼は天才ですから!笑」

龍一
「えーん!こんな所でこんな事するつもりなかったのにー!!」



涼平
「えー、約1年ぶりに大阪に来たんですけど・・・・・・大阪はねー・・・昨日着いて・・・えーまだあんまり堪能してないんですけど(笑)」

龍一
「何食ったっけ?」

涼平
「何食べたっけ・・・?」

龍一
「あっそうそう!焼肉食べたじゃん!」

涼平
「そうだそうだ!焼肉食ったね~」

龍一
「おいしかったよね~」

慶太
「てかさ、大阪と焼肉てあんま関係ないじゃん!笑」

涼平
「焼肉は大阪に限らず旨いよね~」

龍一
「へっくしゅん!!」

涼平
「・・・。いいよいいよ。くしゃみぐらいやって。」

慶太
「くしゃみをさせるのは良しとしよう。でも、マイク通す必要はないだろう。」

龍一
「いやー出ちった笑」


涼平
「でもうまかったっすよ~!スタッフさんに紹介してもらって!
もうとろけるほどの!!すっげうまかったよね。」

龍一
「すげぇうまいんだけどさ、もたれるからあんまり食えないよね。」

涼平
「それ分かる!あー食いてぇ、食いてぇ・・・でも食えねぇ!みたいな(笑)
次の日体にくんの分かるんだよね。」

龍一
「俺なんかもう、むしろ食べてる時からきてたから・・・」

慶太
「ん?笑」

龍一
「もう食べてる時からねー・・・・あんまり汚い話をするつもりはないんだけど・・」

慶太
「いやいやするつもりだろ!笑」

涼平
「する気満々じゃん!笑」

龍一
「あのね、俺すぐ下痢になんの。」

慶太
「(失笑)」

龍一
「いやーねー、もう・・・食べてる時から・・・ちょっと言いにくいんだけど・・・。

涼平
「ふふっ。」

龍一
「カレーですよ・・・北海道産の」

涼平
「まーたまにあるけどー。」

龍一
「北海道産のスープカレー。」

涼平
「大丈夫ですか?だいぶエグイところに入ってますけど。」

龍一
「いや、カレーの話をしてるだけですから。」

涼平
「まあ、具沢山のカレーって言うことで」

慶太
「(失笑)」


MCで、涼平と慶太が帰る。
龍一も帰ろうとしたけどそんなことしたら誰もいなくなっちゃう!!

龍一
「俺も帰ろーっと!慶太お願いー!」

ステージ
「シーン」

龍一
「おいおい!誰もいないのはまずいんじゃないかあ!誰か~。
誰もいなくなっちゃったよ・・・。
まあね、あれでしょ、みんな歌よりMC聞きたいっしょ?
前ネットで見たから、ちゃんと(笑)
そこだけやけにリアルだけど・・・。いやいやーそんなことはないってね。」

慶太が帰ってきた~

龍一
「慶太って後姿お兄ちゃんみたいだよね!」

慶太
「(横を向く)」

龍一
「いやいや!それ会場にとっちゃ横姿になってるよ!笑」

慶太
「あこっちか!笑」

龍一
「背中がすごいお兄ちゃんって感じだな(笑)
じゃあ慶太くんの一人ステージでお願いしま~す!」

慶太
「(笑)僕、何をすればいいんですかー?」

龍一
「歌ってください!」

慶太
「・・・私ノォ~(千の風)♪」

ファン
「キャー!!」

慶太
「ちょっと僕こんなのでいいんですかー?笑」

龍一
「いいよーはいはい!いってー!俺らノルから!」

涼平
「メーン!だぜメーン!(リンカーンのネタ?)」

龍一
「Yo!Hey!」

涼平
「わたっしのーおはっかのまっえでー♪なっかないでくっださい♪」
(千の風Rapバージョン)

龍一
「Yo!Yo!」

涼平
「そっこにーわたっしはいまっせんー♪・・・・・・・・」


龍一
「もう会場の後ろ方の人はドン引きですからね!
帰らないで下さーい!」

慶太
「まだ続いてるからー!!」

龍一
「あ。もういいよ帰って。」


「えーーーーーー!!!!!」

慶太
「・・・とりあえず謝っておこう!」

3人
「すいませんでした。」

龍一
「サーセン!!!!」

慶太
「こんなことばっかりやって次のシングル1万枚くらい減っちゃったらどうしよう?笑」

龍一
「てかそれってここの会場のみんなが買わなくなっちゃうってことじゃね?笑」

慶太
「それはやばい(笑)」

龍一
「まあまあ1万枚くらいは俺が買ってやるよ。」

慶太
「おっ!」

龍一
「でも自宅に来られるのはまずいからBook offに受け流すけどね~」

慶太
「そこで売っちゃうんだ?笑」

龍一
「そう!右から左へ受け流すよ!チャッチャラ~♪タダで!!だから大丈夫!俺がカバーするんで。」

慶太
「訳がわかんない約束をここでしないで下さい(笑)」

龍一が踊りだす!

慶太
「てかそれは約束のカケラ!」

龍一
「約束つながりじゃーん」

涼平
「別にやることなくね?」

慶太
「ちょっと次の曲こんな雰囲気じゃないのに!笑」

龍一
「そうだよ、じゃあみんなでちょっと目をつぶって上を見上げようぜ!」

3人
「(目をつぶって上を見る)」


龍一
「髪が暑いー!!マフラーだよほら。」

涼平
「じゃあ切ったら?」

龍一
「うーん・・・それは出来ないな!」

涼平
「ってか大阪暑いよね~」

龍一
「うん!暑い・・・けど・・・俺らは昨日ホテルの22階に泊まったんすけど・・・。ちょうど大阪が栄えてるのが見えて・・・。こう・・・世の中を
見渡せて・・・」

涼平
「世間が見える感じね。」

慶太
「え?それは世間とは言わないんじゃないすか?笑」

龍一
「世間ではないなあ(笑)」

涼平
「そうか・・・」

龍一
「なんかすごいねー、綺麗だった、うん。」


慶太
「やっぱ、あれですね。
w-inds.はいつまでたっても関西にウケないですね‥」

龍一
「関西人はね、お笑いに厳しいですから、俺はもう
発信するのみでいきますよ!笑」

慶太
「発信するだけなんだ?笑」

龍一
「うん!もうね、求めないから!ここから発するのみ!」

慶太
「笑」

龍一
「なんかツッコミとか欲しいな~」

涼平
「なんでやねんっ!あきまへんで~!!」

龍一
「いやいやそーゆーのじゃなくて。笑
こうみんながドッと笑うようなさ!」

慶太
「じゃあ会場の皆さんにやってもらえばいいんじゃないすか?笑」

龍一
「じゃあ僕ディレクター役するんでみんな僕が手を挙げたら
みんな笑ってください!」

龍一
「(手を挙げる)」

ファン
「わははははは!」

龍一
「笑。(ちょっと嬉しそう)ほら、すげーだろ!」

慶太
「いやいや。笑」

涼平
「それ龍一くんじゃなくて会場のみんながすごいんだから。笑」

龍一
「大阪人がよさこいを踊るとこんなんですよね?」

(どこかで見たことある動き・・・)

涼平
「それ見たことある・・・ってウエストサイドじゃん!!笑」

慶太
「あれでしょ?ライヒーウォー♪」

3人
「ライヒーウォー♪◎※△%”●×・・・ネーバーマインド♪(グダグダ)」

慶太
「振りも歌詞もグダグダじゃん!!笑」


龍一
「ってか大阪城は僕らの初めてのライブやったとこなんだよね。」

慶太
「すごいよね、初めてで大阪城ってさ。」

涼平
「そうだよね。初めてで、大阪城だよ?すごくない?・・・鬼だよね(笑)」

龍一
「今日はw-inds.の生みの親の葉山っちがはるばる東京から来てる
んだけどね、ステージ上がる?って聞いたら上がらないって言ったからね。」

慶太
「そうそう。笑」

ファン
「えーーー?」

龍一
「出てこないかなー?じゃあそんな葉山っちが聞いてる事を
祈って・・・」


後々に葉山さん登場!

金髪ロングでした、意外と男前だ(笑)



涼平
「えーw-inds.・・・今年で7年目ですが・・・皆さんには、、、なんて
言ったらいいのかもうね・・・・分からないです。」

龍一
「感謝です」

涼平
「そう!感謝しかない(笑)これからも頑張るので皆さん、本当に応援しててください。もう本当に・・・・w-inds.もうちょっと頑張らせて!
頑張るから!!体にきてるけど!!笑」

龍一
「いや!まだまだこれからだよ!」

龍一
「僕ら、みんなに応援されて本当に幸せです。
来年ももっともっと成長してくるからみんな待っててね。
また来年も来るからねー!ばいばーい!」

涼平
「じゃーにー!」
スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 ジャンル : 音楽

23:59  |  w-inds.  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■お久しぶりです♪

大阪城とっても楽しかったみたいでよかったですね(^ω^)
私は今回参戦できなかったのでなつ歌さんのレポ読んで
ニマニマしてました。
ホントw-inds.最高ですね♪

それから機材の運び出しおもしろそうですね。
そういうの見てると2時間半もあっという間に過ぎてしまいますよね。
チコ |  2007.09.11(火) 22:05 |  URL |  【コメント編集】

>>チコさん

お久しぶりです☆
すっごい楽しかったですよ~(^ω^)
でもその楽しさがチコさんに少しでも伝わって嬉しいです♪

機材面白いですよ~♪
今度城ホにいらした時は是非見てみてくださいなw笑
なつ歌 |  2007.09.13(木) 17:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://summersong.blog84.fc2.com/tb.php/159-1aac014c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。